×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小型犬の飼育・しつけのお役立ち情報をご紹介しています!

しつけの仕方は人それぞれ、犬の性格も様々

愛犬たち 愛犬の黒ポメ 2002.10.14生(♀)、狆 2005.12.16生(♀)と暮らしています。

犬の飼い方やしつけの仕方に迷った時は、お立ち寄り下さい。

情報がたくさん氾濫している中、どれが正解でどれが間違いなのか、飼い主さんや犬の性格によって違ってきます。
人間にいろいろな性格があるように、犬も性格によって違ってきます。
私は一律に同じような躾け方を伝授する訓練士さんに疑問を感じます。
その犬の性格を見極めて訓練することが出来る方が、本当のプロではないでしょうか? (・・・と言うのも、しつけ教室に通って、却って悪化させてしまった例をたくさん知っているからです。)
たくさんの情報の中から、ご自分のワンちゃんに合う方法を取捨選択して下さい。
そして訓練士さんを探している方は、良い出会いがあることを願います。


小型犬の飼育方法やしつけの仕方を掲載してますので、参考程度にお読み下さいね。



私は、犬は人間との間に上下関係を付けるようなことはしないと考えています。

なぜなら・・・
犬は群れのボスが年老いたり、病気で弱ると勢力争いが始まります。
では・・・
飼主さんが病気で弱っている時は?愛犬はボスになろうと企てますか?
おそらく弱っている飼主さんの傍で寄り添うように眠ることでしょう。
「犬対犬」と「人間対犬」の関係は、別物だと思ってます。

犬の服従心は、飼主さんとの信頼関係があってこそのことです。
パピー期より、無理に服従心を植え付けようとすると、却って問題が悪化する場合があります。

中・大型犬ともなるとその限りではないのかも知れませんが、少なくとも小型犬に関して必要なのかと疑問に思うことがあります。

なぜ犬にしつけが必要なのか?
それは人間と犬が共生するためには、人間社会のルールを覚えて貰わなければいけないからです。
コマンドやハンドシグナルを用いてトレーニングを行えば、自ずと服従心が芽生えてくるものと思ってます。

あまり気負い過ぎずに、おおらかな気持で接した方が良い関係が築けるようです。
人間の子育てと似ている部分があると感じます。

私は、完璧でなくても良い、80%出来れば良いと考えています。
人間との生活に支障がない程度に折り合いをつけて暮らしていければ良いかな。
もっときちんとしつけたい方は、プロの方に習って下さいね。

(サイト管理人:麻美)

犬の十戒

1. 私の一生はだいたい10年から15年。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しい。

3. 私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。
ポメラニアン 4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないから。

5. 話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は届いているから。
狆 6. あなたがどんな風に私に接したか、私はそれを全て覚えていることを知って欲しい。

7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めていることを。

8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それか、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

9. 私が年を取っても、私の世話をして欲しい。あなたもまた同じように年を取るのだから。

10. 最後のその時まで一緒にいて欲しい。言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「私ここにいたくない。」などと。あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

(作者不詳)